車検・車の整備・中古車販売のことなら南河内郡太子町の山本自動車!
全国でも数少ない国家資格1級整備士が在籍する自動車整備工場です。
山本自動車工業
AM8:30~PM6:00(月~土)
定休日 日曜日・祝日

三菱 デリカ CVTオイル圧送交換【トルコン太郎使用】

 

今回のお車は三菱 デリカD-5 平成21年式。
走行距離は189.865kmになります。

 

 

ご新規のお客様になります。

 

 

 

高速道路で長い上り坂の時に、CVTが高温のメッセージがメータに表示したという事で
不安に感じたので急遽ご入庫になりました。

 

 

 

 

今回は「オイルパン洗浄とトルコン太郎によるCVTF圧送交換」のご依頼をいただきました。
それでは作業のご紹介に入ります。

 

 

 

 

まずは走行試運転と外部診断機による故障コードのチェックをします。

 

故障コードに問題ありませんでしたが
試運転時に負荷が掛かるとき<エンジン3000回転>に
甲高い音が気になりました。

 

 

 

 

 

ここからオイルパン分解洗浄・ストレーナー交換作業に入ります。
まずはリフトで車を持ち上げます。
赤い→のオイルパンを取り外し内部の汚れを
綺麗にしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルパンを取り外し
内部にストレーナーがあります。

 

 

 

抜いたオイルは汚れが酷く、ドロドロしていました。

 

 

 

 

 

取り外したオイルパンです。
底には鉄粉を吸着する磁石があります。

 

 

 

 

 

 

 

磁石には鉄粉がたっぷりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレーナーを取り外して、
バルブボディの底をパーツクリーナーで掃除します。

 

 

 

 

 

 

新品と取り外したストレーナーになります。
全体的に汚れているのが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄粉を大量に吸着していた磁石は、
パーツクリーナーを使って綺麗に掃除して元どうりにします。

 

 

 

 

 

 

 

矢印の部品がオイルクーラーになります。

 

 

 

 

 

今回は急遽、デリカ専用のアタッチメントを急いで作って頂きました!
<ありがとうございます!>

 

トルコン太郎を接続します。

 

 

 

 

 

 

今回使用するCVTオイルは
ワコーズのセーフティスペックになります。

 

 

 

 

作業の流れは
一定量の圧送交換をし、
終われば10分間のクリーニングを行います。
そしてまた圧送交換をします。
これを繰り返しながら、出来るだけ新油に近い状態に持って行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルパン脱着に伴って抜けたCVTオイルを、
補充してからエンジン始動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは5.0Lの圧送交換をして
クリーニングを約10分実行して
CVTオイル内にある異物を除去していきます。
右のオイルがクリーニングモード後の状態になります。

まだ汚れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

圧送交換を続けて行きます。
5.0LのCVTオイルの圧送交換を行い
クリーニングモード後の状態になります。
新油と同じになりました!

 

 

 

合計17.0LのCVTオイル交換完了後
最終的にはここまで綺麗にりなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デリカにはオイルクーラー内に
もう一つフィルターありますので
交換します。

 

 

 

 

 

 

写真左が現在デリカの中に流れているCVTオイルで
そして右は交換前に中に流れていたCVTオイルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追加作業で補器類のベルト&テンショナー・ロワーボールジョイントブーツ
の交換も致しました。

 

 

 

 

 

 

山が減っています。

 

 

 

 

 

 

テンショナーも交換します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右のロアアームボールジョイントブーツが
破れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

破れたブーツを外して、古いグリースを取り除いて

 

 

 

 

 

 

新しいグリースを詰め直し、
ブーツを装着します。

 

 

 

 

 

 

 

スターターの劣化具合を心配されていましたので

 

 

 

 

 

 

外観は少し錆はありますが問題ないと思います。

交換作業になると、工賃が意外と掛かりますので
今回はそのままで行きます。

 

 

 

 

 

 

 

オルタネーターの発電量も確認します。

 

 

 

 

 

 

問題ありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

CVTフルード交換後に試運転をしましたが
負荷がかかる加速時の異音は気にならないレベルに
なりました。

 

 

 

いつも作業完了後は
体感出来る変化が出てくれる事を思って
納車させて頂いています!

 

 

 

 

【今回の作業メニュー】

・CVTオイル圧送交換【ワコーズ・セーフティスペック】
・オイルパン脱着清掃
・オイルパンガスケット交換
・ストレーナー交換
・Vベルト・テンショナー交換
・ロワーボールジョイントブーツ交換

 

 

 

 

今回の修理ご請求額は、 ¥ 101.321- となっております。

ご依頼ありがとうございました!!

 

 

 

 

本日も太子町の山本自動車工業のブログにお越しいただきありがとうございます!

 

 

 

 

※車種、オイル使用量により料金は変化します。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

当店ではクレジットカード・スマホ決済(PayPay)で整備費用を支払うことは可能です。
ただし車検費用の法定費用(自賠責保険料・重量税・印紙代)は現金でお支払いいただいております。

 

 

 

 

taishishaken

小さいころから家の隣にある整備工場で育ち自動車が身近にありました。
トヨタ系の専門学校を卒業し、赤い看板のトヨタディーラーで、車検、故障診断、検査員を10年間経験して、30歳を機に実家の整備工場を継ぎました。
日々まだまだ経験、知識を高めたいと思い、技術大会に出場したり、1級整備士の資格を取り、ご来店下さるお客様に安心してお車を任して頂けるように心がけています。
自動車整備工場は初めてご来店してもらうのは、とても入りずらいと思います。
店の雰囲気や、どういった仕事をしているのか、どういった考えを持っているのかをブログを通してお伝えしたいと思います。

車のことは、安心しておまかせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です