車検・車の整備・中古車販売のことなら南河内郡太子町の山本自動車!
全国でも数少ない国家資格1級整備士が在籍する自動車整備工場です。
山本自動車工業
AM8:30~PM6:00(月~土)
定休日 日曜日・祝日

三菱 デリカスペースギヤ タイミングベルト交換&オイル漏れ修理!

平成16年式 三菱 デリカスペースギヤ

平成16年式 三菱 デリカスペースギヤ

走行距離108562㌔

今回はタイミングベルト一式に加え、ウォーターポンプの水廻り交換と、オイル漏れがあるタペットカバーパッキンの交換をしていきます。

下の写真からも分かると思いますが、V型エンジンで少し大変です。

↓がウォータポンプです。

タイミングベルト交換時には一緒に交換をオススメします。

もしもウォータポンプからの水漏れ・異音が発生すると、同じ作業をすることになり、同じ工賃が2度発生してしまいます。

ゴムのパッキンも熱でカチカチです。

ここも年数が経つとオイル漏れが発生します。

タイミングベルトの方は、やっぱり10万キロを過ぎると劣化していますね。

ウォーターポンプです。部品代が掛りますが一緒に交換しましょう!!

次はオイル漏れ修理です。

点検時、オイル交換時に気になっていましたが、今回マフラーにオイルが、かかりだしたので交換します。

最悪火災が発生する可能性があります。

上にある邪魔なものを外すとこんな感じになります。

新しいゴムのパッキンを取り付けて蓋をします。

今までいろんな車のパッキンを交換してきましたが、ゴムがカチカチで除去するのに苦労しました!!

元通りに組みつけて、完了です。

冷却通路の水漏れ点検時、リザーバタンクのひび割れを発見しました。

材質がプラスチックなので、熱で劣化したと思います。

新品です。

長めの試運転を行って、オイル漏れ・水漏れをチェックして納車になります。

1か月後突然お客さんからメールがきて、エンジンのかかりが悪いという連絡がきました。

すぐに確認しに行き、組み損ないがないか点検をしますが特にありません。

少しほっとしましたが、3・4日預かり調べると、下の写真にある水温センサーが悪さをしていました。

1月の末、気温がグ~ンと下がったため、

気温にあった燃料の量が少なかったと思われます。

後日調子を伺うと、『快調に動いている』と言われ、安心しました!!

本日も太子町の山本自動車工業のブログにお越しいただきありがとうございます!!

taishishaken
整備士を平成12年(2000年)からしています。 ディーラーでいろいろ勉強させてもらい、今その経験をもとに日々技術、知識、接客のレベルを、もっと高めるためることを心がけています。 時には実力以上のことがありますが、それも楽しみながら乗り越えています。 車のことは、安心しておまかせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です