車検・車の整備・中古車販売のことなら南河内郡太子町の山本自動車!
全国でも数少ない国家資格1級整備士が在籍する自動車整備工場です。
山本自動車工業
AM8:30~PM6:00(月~土)
定休日 日曜日・祝日

車検&24か月定期点検  トヨタ プリウス

 

 

今回のお車はトヨタ プリウス ZVW30 平成22年式です。

走行距離は36.500kmになります。

 

 

 

 

今回の作業内容は

車検+24ヵ月定期点検のご依頼になります。

 

 

 

プリウスなどのハイブリッド車は普通のガソリン車と

内部の仕組みが異なるため、ディーラー以外のところで

車検を行うことに対して不安に思う方も多いと思いますが

トヨタの正規販売店(ディーラー)出身でしたので

知識や技術はある程度ありますのでご安心ください!

 

 

 

ハイブリットカー専用の診断パソコンから車両の情報を確認し

車両に異常がないかもチェックします。

 

その他に、保証期間内に故障した場合には無償で

修理してもらえるメーカー保証もディーラーに持ち込み修理も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン廻りから点検していきます。

 

エアクリーナーの清掃をします。

 

 

 

 

 

 

 

続いてはエンジンに点火する『スパークプラグ』です。

写真を忘れました!

メーカー指定の交換距離が20万キロだということで

点検を省くことがあると思いますが

プラグの劣化は加速性能や燃費に影響しますので

年一度の点検、そして10万キロで一度交換しておいたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はブレーキ廻りになります。

 

 

矢印の部品にあるのが

ブレーキパッドになります。

 

 

 

 

 

分解をして当たり修正とグリスアップをします。

 

 

 

 

 

 

後ろブレーキになります。

 

 

 

 

 

同様に当たり修正・グリスアップをします。

 

 

 

 

 

 

ブレーキパッドの残量は前後ともたくさん残っていました。

 

プリウスはモーターでブレーキをかける『回生ブレーキ』のおかげで

ブレーキパッドが減りにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

車検時にはトラブルが起こる前の予防整備として勧めさせて頂いたのが

ブレーキフルードの交換です。

 

ブレーキフルードに関しては、吸湿作用がある為、定期的な交換が必要です。

ブレーキフルードが水分を含む事でブレーキラインの腐食やオイル漏れを

引き起こす原因になってしまいます。

 

 

当店でプリウスのブレーキフルードの交換時には診断機を使います。

スキャンツールを使わない方法もあるようですがこちらを使う事で

より確実な作業が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて下廻り・足廻りになりますが

 

初年度登録から9年が経ちますので4回目の車検になりますが

ブーツ類の劣化や各部のガタつき等、不具合箇所は特にありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてはオートマオイルになります。

 

メーカーによっては無交換を推奨しています。

しかし気持ち良く乗るためにも当店では定期的な交換をお勧めしています!

 

 

写真左側が新品のオートマオイルです。右側が今回のプリウスのオートマオイルになります。

比べるとよく汚れているのが分かります。

 

 

 

今回の車検で入庫したプリウスのATFと新油を比べてみました。

不具合が起こってからのオートマオイル交換はリスクが高いと当店では考えています。

 

 

 

当店での交換推奨距離は3万キロごとです。

駆動系のトラブルは高額な修理になりますので早めのATF交換をオススメします。

 

 

 

今回は現状をお客様にお伝えをして交換は保留になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に診断機で車のコンピューターの点検をします。

現在警告灯が点灯していない車両も過去に故障歴が無かったか調べます。

 

 

ブレーキフルード交換時に異常コードが入ったので

 

 

 

 

 

コンピューターをクリアの状態にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

車検の合格をもらうには

ヘッドライトの位置、光量の基準値に収まっていないと

いけませんので調整して

排気ガスの濃度測定します。

 

 

車検に関する全ての整備・作業が完了となります。

 

当店で行う車検整備はこの様な流れで

進めています。

 

 

 

翌日に、陸運局まで足を運び【試運転を兼ねて】

車検を受けて、無事車検に合格しました。

 

 

 

室内清掃と洗車はサービスで行っています。

 

今回の車検&定期点検で交換した部品や作業は

・ブレーキフルード交換
・フロントブレーキパッド給油・清掃
・リヤブレーキパッド給油・清掃
・タイヤローテーション
・タイヤエア調整
・スペアタイヤエア調整
・コンピューターシステム診断

以上となります。

 

 

 

 

ご依頼ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

山本自動車工業では、整備個所の優先順位を決めて

整備を進めていきます。

 

 

 

その際はお客様にしっかりと伝えご了解を頂いてからの

整備になりますので安心してご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

 

本日も太子町の山本自動車工業のブログにお越しいただきありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

taishishaken

小さいころから家の隣にある整備工場で育ち自動車が身近にありました。
トヨタ系の専門学校を卒業し、赤い看板のトヨタディーラーで、車検、故障診断、検査員を10年間経験して、30歳を機に実家の整備工場を継ぎました。
日々まだまだ経験、知識を高めたいと思い、技術大会に出場したり、1級整備士の資格を取り、ご来店下さるお客様に安心してお車を任して頂けるように心がけています。
自動車整備工場は初めてご来店してもらうのは、とても入りずらいと思います。
店の雰囲気や、どういった仕事をしているのか、どういった考えを持っているのかをブログを通してお伝えしたいと思います。

車のことは、安心しておまかせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です