車検・車の整備・中古車販売のことなら南河内郡太子町の山本自動車!
全国でも数少ない国家資格1級整備士が在籍する自動車整備工場です。
山本自動車工業
AM8:30~PM6:00(月~土)
定休日 日曜日・祝日

ダイハツ ムーブ 車検&24か月定期点&CVTオイル圧送交換【トルコン太郎使用】&タイヤ交換【ダンロップ】

 

 

 

今回のお車は平成26年式 ダイハツ ムーブ LA100S

走行距離は19.328kmになります。

 

 

 

 

今回は車検&24か月定期点検と

「トルコン太郎によるCVTF圧送交換」のご依頼をいただきました。

 

 

 

 

 

それでは作業のご紹介に入ります。

 

 

 

エンジンルームからです。

 

 

 

 

 

 

エアクリーナーになります。

エアクリーナーはエンジン内部に吸入される空気中の

埃や異物を取り除いてフィルターです。

汚れを清掃して再度組み付けていきます。

エアクリーナーが詰まっていると空気の流れが悪くなって

エンジンに負荷がかかって燃費が低下します。

 

 

 

 

 

 

 

ワコーズ クーラントブースターを補充します。

最近、エンジン側の改良とLLCの超ロングライフ化で

通常使用での初回交換指定時期が7年〜11年目と大幅に伸びてきました。

 

ですが、使用していけばそれだけ劣化が発生して泡立つようになり

この泡が大量に出ると金属を破壊するほどの力を持ってしまいます。

最悪の場合、冷却水の漏れが発生して冷却できなくなって

車を故障させてしまうことがあります。

クーラントブースターは、冷却水に混入させるとこの泡立ちを抑えて

くれます。

 

冷却水のトラブルが越さない為にも是非補充することをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

次はスパークプラグの点検です。

今回のタイプはイリジウムプラグになりますので

10万kmの走行に耐えるものです。

 

 

 

しかし、スパークプラグの寿命は運転環境に左右されます。

劣化すると、燃費やパワーの低下を引き起こす可能性があります。

点検時などのタイミングで目視による点検や交換をする必要があります!

今回はそのままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンオイル、真っ黒です!

3000㌔で定期的に交換していますが…

 

 

 

 

 

 

 

オイルエレメントも交換します。

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキ回りになります。

 

 

 

 

 

分解をして清掃・グリスアップをします。

 

 

 

 

 

 

 

写真はありませんが

後ろブレーキも

ブレーキダストを綺麗に掃除して

シューの摺動部には専用のグリースを塗布して

シューの当たり面を綺麗に磨いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキフルードの交換をします。

 

 

 

ブレーキフルードは意外かもしれませんが、車を運転しなくても劣化します。

ブレーキフルードには吸湿性があるため徐々に水分が混じります。

 

ブレーキフルードをいつまでも交換しないと

ブレーキを踏んでもふわっとした感覚があり制動力が低下します。

油断しているとフェード現象やペーパーロック現象が起きる危険性がありますので

車検時には必ず交換をしましょう

 

 

 

 

 

 

新車装着のタイヤ【5年経過】でしたので今回はダンロップのEC202の

タイヤに交換します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はCVTオイル圧送交換になります。

交換前には必ず走行試運転と外部診断機による故障コードのチェックをします。

 

走行試運転、故障コードともに問題ありませんでした。

 

 

 

今回はATオイルパンは取り外さずに圧送交換します。

まずはドレンプラグよりATFを排出します。

 

 

 

 

 

走行距離はまだ少ないですが、ご覧の通り真っ黒です!

 

 

 

 

 

 

今回のお車には割り込ませるホースがありますので

 

 

 

 

 

取り外してトルコン太郎を接続します。

 

 

 

 

 

今回使用するオイルはWAKO’Sのセフティースペックです。

適合の確認のは取れています。

 

 

 

 

 

始めに抜けた分【2.5L】のオイルを補充します。

 

 

 

 

 

 

 

エンジンをかけると、ムーブの内部で流れているATFが吸い取られて、

フィルターで細かな異物を除去して戻って行きます。

まだまだ汚いです。

 

 

 

 

 

 

 

理想的な走行距離で交換をしたので、少ないオートマオイルの量で交換できました。

合計10LのATFを使いました。

(最初にオイルパンから抜けた分2.5リットルと最後に油量調整の為に充填した合計0.5リットル)

 

 

 

 

 

新旧比較すると、どれ程綺麗になったのか分かります。

 

 

 

AT車よりCVT車の方がフルードの負担が大きいので

構造上CVTフルードの劣化は早いです。

ぜひ定期的な交換をオススメします。

 

 

 

お車をイイ状態で長く使用するのは、

オイルメンテナンスが重要だと考えています。

 

 

 

 

特にATミッションやCVTの場合、

オイル交換ぐらいしかメンテナンス出来ないので

定期的な時期の交換は非常に効果的だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

フロントワイパーゴムが切れていましたので

交換します。

 

 

 

 

 

 

今回の車検で交換した部品は、

・エンジンオイル交換
・オイルエレメント交換
・ブレーキフルード交換
・クーラントブースター(冷却水)補充
・Vベルト交換
・フロントワイパーラバー交換
・タイヤ交換
・CVTオイル圧送交換
・ラジエーターキャップ交換

以上となります。

 

 

 

 

 

ご依頼ありがとうございました!!

 

 

 

山本自動車工業では、整備個所の優先順位を決めて

整備を進めていきます。

 

 

 

その際はお客様にしっかりと伝えご了解を頂いてからの

整備になりますので安心してご相談下さいませ。

 

 

 

 

本日も太子町の山本自動車工業のブログにお越しいただきありがとうございます!!

 

 

 

 

 

当店ではクレジットカード・スマホ決済(PayPay)で車検費用を支払うことは可能です。

ただし、法定費用(自賠責保険料・重量税・印紙代)は現金でお支払いいただいております。

 

 

 

 

 

お問い合わせにおきまして、はお手元に車検証をご用意の上

「車両情報(車種、年式、車体番号、型式、原動機の型式、型式指定番号、類別区分番号)と

走行距離、お住まいの地域とお電話番号を必ずお知らせ下さい。

taishishaken

小さいころから家の隣にある整備工場で育ち自動車が身近にありました。
トヨタ系の専門学校を卒業し、赤い看板のトヨタディーラーで、車検、故障診断、検査員を10年間経験して、30歳を機に実家の整備工場を継ぎました。
日々まだまだ経験、知識を高めたいと思い、技術大会に出場したり、1級整備士の資格を取り、ご来店下さるお客様に安心してお車を任して頂けるように心がけています。
自動車整備工場は初めてご来店してもらうのは、とても入りずらいと思います。
店の雰囲気や、どういった仕事をしているのか、どういった考えを持っているのかをブログを通してお伝えしたいと思います。

車のことは、安心しておまかせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です