車検・車の整備・中古車販売のことなら南河内郡太子町の山本自動車!
全国でも数少ない国家資格1級整備士が在籍する自動車整備工場です。
山本自動車工業
AM8:30~PM6:00(月~土)
定休日 日曜日・祝日

ダイハツ タント 平成21年式 オイル漏れ修理<トルコン太郎使用>

平成21年式 ダイハツ タント L375S

走行距離183.377㌔

 

 

オートマチックトランスミッションケースの合わせ面からの

オイル漏れの修理のご依頼です。

 

走行距離がかなり多く、オートマオイルの交換履歴が分かりません。

作業開始前にこの状態でオイルを交換するとリスクがあることを

お伝えし、了解をもらいましたので始めて行きます。

 

試運転も行い変速ショックなどがないことを確認しました。

 

 

 

さっそくエンジンを降ろしてケースをばらしていきます。

 

 

 

紙のパッキンが劣化してちぎれていました。

 

 

 

 

こちらが新しいパッキンになります。

 

 

 

 

できるだけ不具合が出ないように作業をしていきます。

 

鉄粉がすごいです!

 

 

綺麗に掃除をします。

この手間はとても大事です!!

オイルストレーナも交換します。

 

 

 

抜いたオイル4Lを補充して、圧送交換で6L使用します。

左側【新油】と右側【現在の車のオイル状態】を比べると

汚れているのが分かります。

 

 

《交換後》

左側【新油】と右側【現在の車のオイル状態】の色は

同じぐらいになりました。

 

 

作業途中、ラジエーターの水漏れを発見しました!

 

お客様に連絡し、了解を得ましたので交換します。

 

 

 

サービスでアイドリングの回転を調整しているバルブ綺麗に掃除します。

 

 

 

 

 

試運転を行い、オイル漏れの方は完璧に治りました。

ミッションの不具合もなく無事終了です。

 

 

タントのオイル漏れはよくあるみたいですね。

漏れている状態で走行を続けるとエンジンの動力が

タイヤに伝わらず走行不能になります。

 

 

 

オイル漏れがあるお車は

行きつけの車屋さんに見てもらいましょう!!

 

 

 

本日も太子町の山本自動車工業のブログにお越しいただきありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

taishishaken
整備士を平成12年(2000年)からしています。 ディーラーでいろいろ勉強させてもらい、今その経験をもとに日々技術、知識、接客のレベルを、もっと高めるためることを心がけています。 時には実力以上のことがありますが、それも楽しみながら乗り越えています。 車のことは、安心しておまかせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です